キトサンから作られたグルコサミンは、どうして関節痛に効くのですか?関節痛にはグルコサミン。キトサンから作られたグルコサミンが関節痛に効くわけとは?

キトサンの健康への効果といえば、コレステロール値の低下、ダイエット効果や免疫力のアップなどが有名ですよね。ほかにも関節痛を抑える効果があるんですよ。関節通に効くサプリメントといえばグルコサミンですが、グルコサミンはキトサンから作られているのです。

「グルコサミンは軟骨や皮膚を生成するもの」
蟹や海老のカラに含まれているキチンという成分を精製したものがキトサン。そのキトサンを加水分解したものがグルコサミンです。キトサンはたくさんの分子が集まっている高分子物質ですが、低分子物質であるグルコサミンは吸収されやすいという特徴があります。

グルコサミンはアミノ酸のなかまで、体内では軟骨や皮膚、血管やじん帯など様々な部位に含まれています。体の中で作ることができる成分ですが、加齢とともに作られる量は減っていきます。すると軟骨がすり減って骨同士がこすれるため関節痛が発症。

グルコサミンの作られる量は赤ちゃんの頃がピークで、20歳頃には5割減の量になっています。そのため40歳頃にはサプリメントで補ってあげましょう。

「コンドロイチンは軟骨や皮膚の水分をキープ」
グルコサミンのサプリメントには、コンドロイチンも一緒になっている商品が多いですよね。コンドロイチンには、軟骨の水分や弾力性をキープする働きがあるので、軟骨を生成するグルコサミンと一緒に摂取すれば相乗効果があるのです。保水力が高いため、髪や皮膚の潤いを保つことにも役立ちます。

関節の痛みが辛いからと、大量にグルコサミンやコンドロイチンを飲んではいけません。1日の摂取目安量はグルコサミンは1,500mg、コンドロイチンは1,200mgです。

「サプリメントはもちろん歩き方にも気を付けよう」
男性より筋肉が少ないため、女性は関節痛になりやすいですよね。変形性ひざ関節症は、ひざの内側ばかり負担がかかるO脚の人が発症しやすいのです。そして変形性ひざ関節症を発症すれば、さらにO脚が悪化するという悪循環に。靴底の外側ばかりがすり減っているのならO脚の可能性があります。

歩くときは、つま先がまっすぐ前を向くようにして、足の内側を閉めるよう心がけましょう。後ろ足は、土踏まずではなく親指の付け根を使って地面を蹴ります。

キトサンから作られたグルコサミンは、どうして関節痛に効くのですか?関節痛にはグルコサミン。キトサンから作られたグルコサミンが関節痛に効くわけとは?

キトサンの健康への効果といえば、コレステロール値の低下、ダイエット効果や免疫力のアップなどが有名ですよね。


Copyright© 2016年5月6日 キトサンの効果が気になるあなたに捧げるキトサン情報特集
http://industryall.biz All Rights Reserved.