キトサンがコレステロールを下げる仕組みについて・・・摂取時のポイントは?

「キトサンはどうしてコレステロールを下げるの?」
キトサンとは、蟹や海老などのカラから作られたもので、コレステロール値を下げてくれる効果があります。血管の中にあるコレステロールは、肝臓で胆汁酸(たんじゅうさん)になったあと腸へと送られます。腸の中にあるコレステロールの一部は再び肝臓へと戻るのですが、腸内のコレステロールをキャッチして排泄させるのがキトサンの役目。

再び肝臓へと戻ってこなければ、肝臓では胆汁酸が足りなくなるため新しく作ろうとします。このとき、血管の中のコレステロールを使って胆汁酸を作るので、コレステロール値が下がるという仕組みです。コレステロールと聞くと、体に悪いものというイメージがありませんか?コレステロールは細胞やホルモンなど体の材料となるため、人が生きていくうえで欠かせない成分なんですよ。

そんなコレステロールを体中に運ぶ働きをしているのが悪玉コレステロール、余ったコレステロールを掃除する働きをしているのが善玉コレステロールです。けれど、悪玉コレステロールが多すぎれば掃除が間に合いません。すると血管にくっついてしまい、脳梗塞や高血圧、動脈硬化など深刻な病気の原因になります。

「キトサンのサプリメントの摂取方法」
コレステロールを下げてくれるのなら、たくさん摂取したくなりますね。けれどキトサンの1日の摂取量は2,000mgまでとされていて、過剰摂取すると便秘になるおそれがあります。サプリメントは薬ではなく食品にあたるので摂取する時間は決められていませんが、胃腸が活発に動いているときなら吸収率がアップするため食後が良いとされています。

キトサンは蟹や海老から作っているので、甲殻類アレルギーのある人は摂取前に医師に相談しましょう。仕事が忙しくて夜遅い時間に食事をしている人や、油ものを良く食べる人、メタボリック症候群が気になる人におすすめです。サプリメントは健康に良いものですが、あくまでも健康のサポートをするもの。

バランスの良い食事をとったり適度な運動をすることも心がけましょう。

キトサンがコレステロールを下げる仕組みについて・・・摂取時のポイントは?

「キトサンはどうしてコレステロールを下げるの?」


Copyright© 2016年4月28日 キトサンの効果が気になるあなたに捧げるキトサン情報特集
http://industryall.biz All Rights Reserved.